シロクロの唄

手帳と本とセカオワと…好きを詰め込んだブログ

近キョリ恋愛を読んでいろいろ振り返る


f:id:chakirhythm:20150802161903j:image


今日も暑いですぱる子(@wb_paruko)です。
例のごとく漫画喫茶で読んだやつ。

今回は『近キョリ恋愛』ってのを読んでみました。
先生と女子生徒との恋愛ものです。
主人公のゆにちゃんが可愛かったので胸キュンでよかったー。絵が下手なのはわかってますw
本当はハルカ先生を描きたかったのだけれどイケメンは絶対に描けなそうだったのでそこは素直に諦めました(*´∀`)
最近は7seedsを読んでいたので、近キョリ恋愛は軽めのタッチがなんか安心した(笑)

先生と生徒の恋愛ものといえば、私の中の王道は河原和音先生の『先生!』ですね。
もう、その名のとおりですよ。
主人公の響ちゃんが担任の伊藤先生を好きになる話です。
伊藤がまたかっこいいんだよ。
電柱みたいな先生でね、大人なの。ハルカみたいにちゃらくない。真面目な社会バカ(社会科の先生なのです)。
コースケとちーちゃんの男1女2の仲良し3人組は私の憧れ。

あ、でも思い返せば大学のとき男1女2だったな。
同じ学科で同じサークルの。
でもコースケとちーちゃんみたいではなかった(笑)
漫画のようには上手くいかないね( ´,_ゝ`)

先日そのときの友達の結婚式がありました。
私はいろいろ事情があり卒業あと疎遠になってたので5年以上ぶりの再会。
まぁ老けてたけど(お互い様か)、なにも変わってなくて感慨深かったです。

なんかいろいろ変なこと書いちゃった。
学生生活に未練かあると青春漫画に憧れが募りますねw