読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクロの唄

手帳と本とセカオワと…好きを詰め込んだブログ

「書く」ことの歴史を振り返った自叙伝的な雑記

雑記

今日は夏休み!やったね~。雨の音を聞きながらPCに向かってます。
こんな日は、なんとなく語りたくなっちゃう。
ジュースとおやつをステイして、「書く」ことについて語ってみようかと思いますw
自分語り大好きぱる子(@wb_paruko)が今日も行きます!笑

 

みなさんの「書く」ことを始めたきっかけって何でしょうか?

・日記で人には言えない思いを吐き出すため
・予定や情報を管理するためにノートをつけるようになった
・自分でも物語を書いてみたいと思った
スキルアップで文章力を高めるための練習として
・副業としてブログを立ち上げた

人の数だけ、きっかけがあるはずです。

私は幼いころから「書く」ことが身近でした。
小学校3年生のときに物語を書いたのがスタートで、中学生になってからは普通の日記も書いたけど、HPを運営してブログや小説を公開した黒歴史もあります。

友達がいなかったんです(笑)

 

f:id:chakirhythm:20150817094320j:plain

▲昔描いた絵。絵はいつのころからか描かなくなりました。

 

 

f:id:chakirhythm:20150817103349p:plain

▲HPのスクショ。このときは大学受験で縮小運営のとき(笑)

 

人と話すことは苦手な子ども時代でした。
元から人見知りな性格だったり、友達がいなかったりで、人から好かれる自信がこれっぽっちもなかったのです。

社会人になってから、ようやくこれじゃいけないと思い、いろんな方面の自己啓発本を読みました。そんななかで「手帳術」に行き着いたのはごく最近の話です。
有り難いことに、「書く」ことは好きだったので、あとは「なぜ書くのか」「書いてどうするのか」を明確にすることで、飛躍的に自分が向上できるんじゃないかな?と期待しています。

 

何度読んでも捨てられず持ってる本の一部。

日経ホームマガジン 新しい自分が見つかる 手帳&ノート術

日経ホームマガジン 新しい自分が見つかる 手帳&ノート術

 

 

  

 

手帳は前にも書いたとおり、経験が浅く失敗ばかりしていましたので特にいろいろ読みました(笑)
自分の性格に合いそうな使い方を見つけては実践して、自分流にアレンジしながら続けています。

 

chakirhythm.hateblo.jp

 

学生の頃もね、夏休みの計画を作ってやり遂げたことなんてほとんどないんですよ、私。自慢じゃないですけど。
計画を作ることに満足する人間だったんだろうね(笑)
計画はやり遂げてこそ意味があるものになるんだと、今さらながらに反省しております。

 

書くということで、自分が何を好きかとか、何を日ごろ考えているかが明確化され、「私ってこんな人間なんだな」「この考えイイね!」と自己肯定につながることもあります。
これは自分が嫌いな私にとっては、とても大事なこと!
私なんて…って考えている人より、ぜひ私と!って考えている人と話す方が、良いと思うのです。魅力的な人って、きっとそういう人。

だからかな?ブログを読んでても「こういうのやってみたらどうですか?」っていうより、「これ超おすすめ、やってみてよ!」っていう文章の方が好き(笑)
わかるかなーこの違い…。

まぁ、そんな私もつい前者の書き方しちゃうんだけどね(^^;)
そんなこんなでこれからも「書く」を極めていくぞー!!!

という、どうやってこの記事を締めたものかと悩んでいたので決意表明的なあれで締めくくるとします(笑)
自慰的な文章のため、乱文で失礼しましたwではまた★