読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクロの唄

手帳と本とセカオワと…好きを詰め込んだブログ

芸術の秋!劇団四季ライオンキングは観て絶対損はない

こんにちは、ぱる子(@wb_paruko)です♪

芸術の秋なので、年金生活の両親を誘って劇団四季のライオンキングを観に行ってきました♪

※教室が舞台ではありません、あくまでCMです(笑)

楽しかったー\(^^)/

劇団四季はチケットもスマホから簡単にとれるし、私のおすすめライオンキングは家族で行くもよし、恋人や友達と行くもよし、気になる人がいたら絶対観ておくべきです!!それぐらい感動します。

なんならぼっち参戦でも全然余裕!

(ちょっとお洒落なひとり映画みたいなもん)

私も大学生のときにハマって何十回と繰返し観ているけれど、毎回感動ポイントが違い新鮮でまったく飽きません。

今日はライオンキングの魅力を語り尽くしたいと思いますw

 

ライオンキングの魅力は?

よく、ライオンキングは大人も子どもも楽しめる!と耳にしませんか?

ライオンキングは、ディズニー映画が有名ですよね。ストーリー展開も一緒です。

(歌の和訳は映画と劇団四季で異なるので、映画の歌詞に慣れていると非常に違和感があると思いますが…。)

子ども向けなのにどうして大人も?というと、まずは舞台装置や動物が本格的だからだと思います。

劇団四季は専用の劇場を持っていて、特にライオンキングは15年以上ロングランで毎日のように公演してるので大がかりな舞台装置があります。

 

場面によって舞台が動く動く(笑)

動物の動きも細かくて、雌ライオンにいつもうっとりしてしまうくらい繊細な動作をしているので必見です。

あと何よりの魅力は、メッセージ性があり、場面ごとに考えさせられるシーンが多いということ。

たとえば、我が子のシンバが大人の言いつけを破って行ってはいけないところに行くシーン。

国の王で父のムファサはどんな風に諭すのか?

弱肉強食の世界でいつかは親も死んでしまうだろうけど、親は子に何を残しておけるのか?

絶対的地位を得るために何でもやった王の弟スカーの末路は?人望を得るためにはどうすればよかったのか?

間違いを起こして過去に縛られて動けなくなったとき、過ちに背を向けるのか?過去から学ぶのか?

私は、大人こそライオンキングを観るべきだと思うのです。

子どもにも分かりやすいとてもシンプルなストーリー構成なので、初見でも十分にメッセージを受け取れると思います。

 

子シンバたちの頑張りはぜひとも観てほしい!

私の一番の見所はここ。

ヤングシンバ・ヤングナラの可愛さの破壊力!

身悶えしますよー。

本当の小学生、年齢でいえば10歳前後の男の子・女の子が前半の幼少期の主人公たちを演じます。

オーディションを勝ち抜き、厳しい練習に耐えた精鋭たちです。

そんな年端もいかない子たちが、必死に舞台で踊って歌う姿を観て感動してしまうのは私が年寄りだからなのか…?

私が大好きな曲のなかで「早く王様になりたい」というのがありますが、これを歌ってるときのヤングシンバが超かわいいです。

もちろんストーリー中でも、ほんっっっとうに「クソガキ!ばか!///」って思っちゃうほど純粋で、好奇心大勢で、憎めないやつです。

お前が産まれたせいで父の弟スカー(悪役)が王様になれない恨みを持ってるのに「僕は王様になるんだ!」とか笑顔で言っちゃうあたり、悪役と言えどもスカーに同情するけどね。

 

さあ、チケットをとって座席を決めよう!

ライオンキング、観てみようかな?と思ったらスマホから登録や手数料なし(チケットの種類で一部例外あり)でチケットがとれるので、公式ホームページから予約してみましょう♪

劇団四季

右上の『チケット予約』が入口です。

 
f:id:chakirhythm:20160921080327j:image

スマホからアクセスする場合はスマホ用の表示に切り替えを促すメッセージが出てきますので、OKを押してください。

(スマホ用じゃなくてももちろんチケットはとれます)


f:id:chakirhythm:20160922063240j:image

 

メニューに「劇団四季id」「四季の会」「一般」と出てくるので、「一般」を選択してください。

一般の入口ですよーと言われますので、『確認』の赤いボタンを押すと利用規約が出てきます。


f:id:chakirhythm:20160922063457j:image

利用規約を読んだら下部の『同意する』赤いボタンを押すと、演目を選ぶページに飛びます。



f:id:chakirhythm:20160922063614j:image

ライオンキングを選択すると、メニューがさらに表示されて何月に観たいかを選択できます。

該当月を選択して「東京公演選択」の赤いボタンを押すと、細かい日程や座席を選べるページに飛びます。


f:id:chakirhythm:20160922064213j:image

こんな風にその月の残席が記号で分かります。

映画をネットで予約するのと同じような画面なので、馴染みがある人も多いかも?

ちなみに座席によって値段が異なりますので注意してください。

 

  • S1    10,800円
  • S      10,800円 ★
  • A        8,640円 ★
  • B        6,480円
  • バルコニー  5,400円 ●
  • C        3,240円

(2016.9.22現在) 

 

席によって★小人、●学生割(一般の半額)があります。

初めてライオンキングを観るのであれば、私のおすすめはバルコニーです。

(下頭の赤枠内)

一部見辛いところもありますが、3階席から見下ろして舞台の全体が観られるのと、お値段がお手頃なのはメリットです。

 

f:id:chakirhythm:20160922210948j:image

 

舞台のイメージはこんな感じ。3階席がバルコニーです。(立ち見も3階)

席を予約するときはこだわって選ぶこともできるし、おまかせで座席指定もできるので、お好みを選ぶのがいいと思います。

ちなみにバルコニーなら前に誰もいない前列がおすすめですよ♪ ただし高所恐怖症の人はご注意ください(笑)

 

 

うちの父母も今回初めてライオンキングを観ましたが「予想よりずっと良かった」「あんなに奥深いストーリーだとは思わなかった」と帰りの電車で大絶賛してましたw 

親孝行に誘って良かったと思いました。

 

どうやら2017年7月に移転をするそうで、いまの春劇場で観られるのはあとわずかのようです。

大学時代から通っていたので少し寂しい。。。

ぜひ引越し前に、みなさんも足を運んでみてください\(^^)/