シロクロの唄

手帳と本とセカオワと…好きを詰め込んだブログ

子育てをもっと楽しくしたいから買った1冊の本

こんにちは、ぱる子(@wb_paruko)です(*´-`)

妊娠30週目、そろそろ本屋で育児書とか買いたいな〜と思って県内一の広さを誇る蔦屋書店へ足を運びました♪

店内写真禁止なのですが、広い…広いよ…!

併設されたカフェに持ち込みオーケー、しかも随所に椅子が置かれていて腹のでかい妊婦の私でもゆっくりと本を吟味することができました(*´Д`*)大満足です。

買ってきたのはこちら3冊!

 

f:id:chakirhythm:20170608084811j:image

 

でね、育児書買うはずがひとつだけ完全に趣味に走ったものを混ぜ込んでしまいましたw

なんなら育児書決めるより早かった!!

 

 

 

 

もうタイトルで購入を決定www
ぱらぱらっと読んだ限りでもインスタグラムやツイッターブログ界隈で有名な方々のインタビューや作品(もはやこう呼ぶのがふさわしい)の写真がたくさん掲載されていて幸せな一冊だと確信。
おうちでじっくり読むためお持ち帰りしました♪♪

本の構成はこんな感じ。

 

  1. 写真整理術
  2. 育児絵日記
  3. ライフログ
  4. 整理収納ノート
  5. レシピノート

 

以上、5つのコンテンツで構成されています。

正直まとめ方が秀逸すぎて参考にならない部分もありましたww
ちょっと私にはここまで凝るのは無理だなー。
絵を描かない人間の私なので、イラストたくさんの育児絵日記は完全に見る専門だわ。そういう意味では、もっと「まとめること」に特化した内容でも良かったな…と我がまま言ってみたり(笑)

なので私目線で取り入れていきたい部分をピックアップしながら、感想書いていきたいと思います!!

 

写真整理術

エコナセイカツというブログのライター、マキさん。

職業は「シンプルライフ研究家」ということで、私も以前からこちらのブログ読ませてもらっていました♪

ご本人がこの本について紹介されている記事がこちらなので、リンク貼っておきます。

中身がちらっと見えるので、参考になるかと!

econaseikatsu.hatenadiary.com

 

写真整理術、正直困っています。

スマホで気軽に撮れる分、枚数が日に日にかさんでいってしまいストレージ容量を圧迫しまくっています。
かといって、丁寧に保存しておく必要があるのか?と言われると怪しい。

ついでに、妊婦健診でもらうエコー写真なるものがあります。
経験者は頷いてもらえると思いますが、あれも1回の健診で何枚ももらえるし、しかも見なれないから何が撮ってあるのか意味分かんない写真もあるし、保管に困るというか。

思わずツイッターで呟いてしまいました(笑)

今のところ一番良い方法は、一度すべてをデータ化することかな。それから厳選したものを改めてどうにかしようとたくらんでいます。

 

本で紹介されているマキさんはノハナというフォトブックアプリを利用されて月一冊フォトアルバムを作っているそうです。これいいなー。

nohana.jp

 

でもノハナのフォトブックは14cm×14cmの正方形だそうで。
形的に好みじゃない。
さらに言うと、毎月一冊って面倒くさい。かさばる。

またここで我がまま/(^o^)\

そしたら次に紹介されていたインスタグラマーのおさよさん(@osayosan34) が取り入れているフォトアルバムが良さそう!

 

www.n-pri.jp

 

おさよさんのページの見出しはこう書かれていました。

シンプリストだからフォトアルバム作りも年1回のみ!

うわーすごい痺れる。最高。求めていたのはこれだ。

これぐらい気軽にアルバムを作れれば、写真も撮った甲斐があるってもんじゃなかろうか。

しまうまプリントであれば、文庫サイズかA5サイズのフォトアルバムに惹かれます。お値段はページ数が増えれば割高になるけど、年1回の注文だと思えば安いもんじゃないか。

ちなみに文庫サイズ、36ページ(最大69枚)であれば税抜198円

A5サイズ、32ページ(最大61枚))であれば税抜498円

 

私と夫の両親ズへ同じものをプレゼントしたとしても年1,000円かそこらしかしないしね。なかなか良いプレゼントなんじゃなかろうか。

自分で写真撮って印刷してアルバムにつづるのは面倒だけど、フォトアルバムなら無理なく取り入れられる気がしているので試しに1回作ってみようかな!

 

ライフログ

最近は真面目に書けているジブン手帳…それは暇だからですw

f:id:chakirhythm:20170606081246p:plain

産休(病休だけど)に入ってからは机の上に広げて気が向いたときに書いているので、毎日の日記(最下欄)もしっかり埋まってます!

ツイッターでもこんなことを呟いてみたり。

来年のことにも余念がありませんw

 

今回の本で紹介されていた中でも目から鱗だったのは、cozy-nest 小さく整う暮らしというブログのライターである主婦の尾崎友吏子さんが紹介されていたページ。

見出しは、

保育園の連絡ノートをフル活用!育児の思い出記録に

でした。なるほど、あえて育児ノートを作らずとも既存のものをしっかり活用すればライフログになりえるんだね。

私は育休取得後、時短勤務で復職する予定です。(もちろんさらに数年後、フルタイムで復帰する予定。住宅ローンあるから意地でも定年まで働きますw)

時間がない中いかにライフログをとるか目下の課題だったんだけど、これはいいね。

実際尾崎さんのインタビューでも、

ワーキングママは働くので精いっぱいで、育児日記をつけていないことを反省しがち……。でもがんばりすぎると疲れてしまうので、保育園との連絡ノートに力を入れるだけでも日記代わりになると思います。

とあって、共感いたしました。 

同じく次に紹介されていたyumiさん(@yumimoo65)も保育園既定の連絡ノートを活用されていました。マイルールは「スピード第一、モノクロで」だそうです(笑)

「保育園ノートと暮らしのノート、2冊を続けるのは大変では?」という質問に対しての答えも魅力的。

かかる時間といっても、保育園ノートは朝出かける前の数分だし、暮らしのノートは5~10分で、しかも毎日つけているわけではありません。あまり時間をかけずにササッとつけるくらいが続きやすいのでは。

これぐらいの力でいいよねー。

こんなこと考えてるから、私みたいなやつは絵日記とか無理なのよ。育児絵日記つけてる人ってだいたい1時間くらいそれに時間費やしてるんだもん。それが趣味ならいいけどさ、私絵描くの趣味じゃないから…orz

 

まとめ

私は写真を撮ることと文章を書くことが好きなので、今回紹介した本の中でも写真整理術とライフログしか感想書きませんでした。でも他のコンテンツもどれも素晴らしくて見ていてワクワクします。

絵日記も見る分には好きなんだけど到底自分では書けませんがね!(断言)

だから表表紙に書いてあるように「すぐにマネできる!」はウソだろ?と思わなくないんだけど…笑

好きなことを自分流に続ける、という点ではどれも共通しているのかな?と思いました。すぐにマネできるものだけマネしようじゃないかw

この本は子育てに限らず、人生が楽しくなるエッセンスが詰まっていました。

日々の何気ない出来事が、大切になるだろうと思います(*^_^*)