シロクロの唄

手帳と本とセカオワと…好きを詰め込んだブログ

今更ながらバレットジャーナルについて調べてみる

ベッドの上からこんにちは、ぱる子(@wb_paruko)です( ´_ゝ`)

7月頭から切迫早産で入院し、10日ほど経とうとしています。ベッドの上は基本暇だからブログもどんどん更新できるんじゃね?とか始めは思ってたんですが、1日20時間も点滴しながら横になってると何ていうか気力がなくなるっていうか…(笑)

そんな怠惰(しかし地味に辛い)な生活の中、バレットジャーナルに初めて興味を持ちました。

きっかけはベッドの上で読んだこの本。

バレットジャーナルは言葉しか知らない私でしたので、この時間を機に自分に取り入れられるものかどうか見極めるためバレットジャーナルについて調べてみることにしました。

今日はそんな記事です。

 

バレットジャーナルとは

まずは、「バレットジャーナルって何よ?」ってところから。言葉だけしか知らなかったときは、例えば、ほぼ日とかジブン手帳とかムーンプランナーとか売り出されてる手帳の固有名詞だと思ってたんですが、違うんですね。

以下、参考にさせてもらった記事です。

ここから見るに、バレットジャーナルとは特定の手帳そのものを指すのではなく、真っさらなノートにオリジナルの手帳を作成する手法を示したもの、っていうイメージで良いのかな?

つまり手帳本体を指す言葉ではなく、手帳術とかノート術のなかのひとつということ。

ここがそもそも私、間違っていました。

だからバレットジャーナルを生活に取り入れよう!と思ってまずすることは、ノートとペンを用意する。これだけ。

この辺りで、すでに悪い予感がしてきた私…/(^o^)\

 

凝ると疲れる、だから続かない

実は私、今までもオリジナル手帳を作っていたことがあるんです。瞬殺で使わなくなりましたけど。

その時は無印良品のノート(罫線)を用意して、シール状のマンスリーを貼り付けて使っていました。続いたのは2,3ヶ月くらいだったんじゃないかな…?

ぜひ『バレットジャーナル』と画像検索してみてください。スタートがノートな訳だから、思い思いのページを自作している写真がたくさん出てくるかと思います。

f:id:chakirhythm:20170713114501j:image

うーん、無理無理。これらはすべて作品集だと思おう。これを追求していたらタスク管理する前に日が暮れてしまう(笑)

だけど、何もこんなに綺麗に書かなくても良いのかも??何かいい方法はないだろうか。

 

バレットジャーナルの基本ルール

まずはこれを押さえてみて、取り入れられるところがないか考えてみたいと思います。

以下、参考にさせてもらった記事です。

他の手帳にもあるように、デイリーやウィークリー、ガントチャートや○○リスト…この辺なんかは分かりやすいのかな。

バレットジャーナル最大の特徴と思われたのは、名前にもついている通り『バレット(弾丸)』でしょうか。

4月1日を例にしてみます。内容はフェイクなのであしからず。

 

2017年4月1日 土曜日

◽︎ヘアカット予約

◽︎今週の家計簿〆

◽︎枕カバー替える

△11:00母と里帰り相談

○ぴー子birthday

セカオワnewシングル発売

 

各項目の頭にある記号こそが『バレット』でございます。記号が項目ごとで違うのは、自分で決めておいたルール…『key』に沿ってタスク管理しているからです。

 

◽︎…タスク

△…アポ、予定

○…イベント、記念日

♡…良いこと

 

てな具合です。この辺はもうオリジナルでがしがし記号設定しちゃって良いみたいです。

これだけ見ると、普段使いの手帳でもkeyだけ取り入れるのは可能ですね。色ペンで仕事とプライベート分けても見やすくて◎。

もちろんタスクを消化したら記号を塗りつぶしたり、逆に消化できなかったら×にしたりして、タスク管理していきます。

何が言いたいかって、公式ルールもあるけど何でも自由に使っちゃいなよってことですよね。うんw

さらに気になる方はご紹介した参考記事をご覧いただくと良いです。私の説明の荒さが分かると思いますよ(笑)

 

生活に取り入れられるか?

さて、これが課題です。気になるものは何でも取り入れてみたい私ですが、あまりに初っ端からクオリティ高すぎるもの見せられてじゃっかん引いているのも事実www

でも、タスク管理法の一つとして取り入れることは可能なのでは?

 f:id:chakirhythm:20170714070826j:image

産休前に使用していた仕事用手帳です。業者さんから貰った方眼の使いやすいウィークリーを縦型に変則的に使っていました。予定はすべてジブン手帳で管理していたので、仕事用でマンスリーは使っていません。

バレットジャーナルの弱点は時間軸を捉えるのが不便、と聞きましたが、私の場合は時間でアポをとる仕事と違うのであまり支障は無さそう。

あとは日付とか曜日とかのフォーマットを自分で書くのが面倒そうだよなって話がクリアできれば良いんだけど…。面倒くさがりには向かないのかな、バレットジャーナルって(・ω・`)

私の性格上だと、既存のシンプルな方眼のバーチカルでバレットジャーナルのkeyを取り入れながらタスク管理するのが理想的かな。

 

まとめ

まだまだリサーチ不足です。しかし知れば知るほどバレットジャーナルユーザーのクオリティに怖気付きそうなので、あんまり調べすぎないで雰囲気で使うのもありかも???

雑に、面倒くさくなく、継続して使える方法だけをまず取り入れて体で覚えていけると良いかなと思っているところです。

ぜひ愛用の方のバレットジャーナルの自慢話が聞きたいものです(=´∀`)人(´∀`=)

せっかくだから私もやってみたいよー!